生体・環境情報処理基盤の開発とメタボリック症候群対策への応用

Check

山田 一郎

研究代表者:
山田 一郎 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
http://www.lhei.k.u-tokyo.ac.jp/

研究概要

  本研究では、日常生活における生体・環境情報を手軽に収集し、客観的視点から生活習慣を確認できる生体・環境情報処理基盤(人間の日常生活を科学するプラットフォーム)を開発します。ウェアラブルセンサを用い、データを取る・貯める・見るためのソフトウェア、診断アルゴリズムなどの基盤技術を研究開発します。
  例として、様々な生体・環境情報とメタボリック症候群の因果関係を理解し、生活習慣の改善を促すことを目指します。また個人に応じた柔軟な予防・治療に資するヘルスケアサービスを開発し、実証実験により有効性を検証します。

研究図

論文リスト

  1. 力武 紘一郎, 荒木 靖宏, 川原 圭博, 南 正輝, 森川 博之, “NGN/IMS を用いたユビキタスヘルスモニタリングシステム,” 電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会, Sep. 2008. [pdf]
  2. 荒木 靖宏, 森川 博之, “XQuery可能なXDMSの設計と実装,” 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 (IN2008-52), Sep. 2008.
  3. 山田 一郎,“生体・環境情報処理基盤の開発とメタボリック症候群対策への応用,” 平成20年度CREST「先進的統合センシング技術」研究領域 公開シンポジウム, Nov. 2008. [pdf]
  4. 小川 猛志, 酒造 正樹, 平野 美貴, 山田 一郎, “生体・環境センシング情報を利用する医療サービスの基盤を目指すマルチセンサネットワーク構成技術の一検討,” ユビキタス・センサネットワーク研究会(USN) 第8回研究会, Jan. 2009.
  5. 酒造 正樹, 山田 一郎, “ウェアラブル生体・環境情報処理基盤の開発,” 平成21年電気学会全国大会, March 2009. [pdf]
  6. G. Lopez and I. Yamada, “New Healthcare Society Supported by Wearable Sensors and Information Mapping based Services”, in Proc. of the 10th IFIP Working Conference on Virtual Enterprises, Special Session on Web Intelligence and Virtual Enterprise (PRO-VE’09/WIVE), Thessaloniki, GREECE, 7-9 October 2009. [invited paper] [pdf]
  7. M. Shuzo, S. Komori, T. Takashima, G. Lopez, S. Tatsuta, S. Yanagimoto, S. Warisawa, J.J. Delaunay, I. Yamada, “Wearable Eating Habit Sensing Using Sound Information,” in Proc. of the 2009 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE 2009) , Tsukuba International Congress Center, Ibaraki, Japan, pp. 221-222, June 17~20 2009. [pdf]
  8. T. Takiguchi, S. Saruwatari, T. Morito, S. Ishida, M. Minami, and M. Morikawa, " A Novel Wireless Wake-up Mechanism for Energy-efficient Ubiquitous Networks," In Proceedings of the 1st International Workshop on Green Communications (GreenComm'09), Dresden, Germany, June 2009.
  9. Guillaume Lopez, Keita Hidaka, Hiroyuki Ushida, Masaki Shuzo, Yasushi Imai, Jean-Jacques Delaunay, Ichiro Yamada, “Continuous Blood Pressure Measurement in Daily Activities,” IEEE SENSORS 2009 Conference, Christchurch, New Zealand, October 25-28, 2009. [pdf]
  10. Masaki Shuzo, Makoto Shimura, Jean-Jacques Delaunay, Ichiro Yamada, “SHOJI: A Communication Terminal for Sending and Receiving Ambient Information,” 2009 ASME International Design Engineering Technical Conferences and Computers and Information in Engineering Conference, San Diego, USA, August 30-September 2, 2009. [pdf]
  11. 井出 裕人, 長田 将彦, ロペズ ギョーム, 酒造 正樹, ドロネー ジャン=ジャック, 山田 一郎, “生体情報の多変量解析に基づくストレス推定法の検討,” 日本機械学会2009年度年次大会, 岩手大学, 盛岡市, September 13-16, 2009. [pdf]
  12. 石田 繁巳, 瀧口 貴啓, 猿渡 俊介, 南 正輝, 森川 博之, “ブルームフィルタを用いたウェイクアップ型通信システム,” 電子情報通信学会論文誌, vol. J94-B, no. 10, pp. 1397-1407, 2011.
  13. 石田 繁巳, 瀧口 貴啓, 猿渡 俊介, 森川 博之, “ワイヤレスハーネスのための2進MDS-IDマッチング型ウェイクアップ通信,” 電子情報通信学会論文誌, vol.J96-B, no.6, Jun. 2013.(in press)
  14. 瀧口 貴啓, 森戸 貴, 猿渡 俊介, 南 正輝, 森川 博之, “Bloom Filterを用いたウェイクアップ型無線通信の消費電力評価,” 電子情報通信学会 2009年総合大会, 愛媛大学, 松山市, March 17-20, 2009.
  15. 石田 繁巳, 瀧口 貴啓, 猿渡 俊介, 南 正輝, 森川 博之, “ウェイクアップ型無線通信のためのグループ指定可能IDマッチング機構の実装,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会, 新潟大学, 新潟市, September 15-18, 2010.
  16. 瀧口 貴啓, 石田 繁巳, 岸 孝彦, 丹羽 栄二, 見並 一明, 猿渡 俊介, 森川 博之, “ウェイクアップ型無線通信におけるビット不一致許容IDマッチング,” 電子情報通信学会技術研究報告情報ネットワーク研究会, 沖縄コンベンションセンター, 宜野湾市, March 3-4, 2011.
  17. 瀧口 貴啓, 石田 繁巳, 猿渡 俊介, 森川 博之, “車両内ウェイクアップ型無線通信における数個のビット不一致許容IDマッチング,” 電子情報通信学会総合大会, 東京都市大学, 世田谷区, March 14-17, 2011.
  18. 石田 繁巳, 瀧口 貴啓, 猿渡 俊介, 森川 博之, “ブルームフィルタを用いたウェイクアップ型無線通信システムにおけるID長の影響,” 電子情報通信学会総合大会, 東京都市大学, 世田谷区, March 14-17, 2011.
  19. 石田 繁巳, 鈴木 誠, 森川 博之, “サブスレッショルド特性を利用するウェイクアップ受信機用ミキサの初期的検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会, 北海道大学 札幌キャンパス, 札幌市, September 13-16, 2011.
  20. 石田 繁巳, 猿渡 俊介, 森川 博之, “ワイヤレスハーネスのための2進MDS-IDマッチング型ウェイクアップ通信の評価,” 第49回高度交通システム研究発表会(ITS49-3), 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス, 千代田区, June 15, 2012.
  21. T. Takiguchi, S. Saruwatari, T. Morito, S. Ishida, M. Minami, H. Morikawa, “A Novel Wireless Wake-up Mechanism for Energy-effient Ubiquitous Networks,” 1st International Workshop on Green Communications (GreenComm’09), Dresden, Germany, June 18, 2009.
  22. 猿渡 俊介, 高木 潤一郎, 川島 英之, 倉田 成人, 森川 博之, “センサデータベースマネージャにおける問合せ処理とデータ圧縮の同時最適化,” 情報処理学会論文誌, vol. 53, no. 1, pp. 320-335, 2012.
  23. 荒木 靖宏, 森川 博之, “サービス創出基盤としてのNGN,” 通信ソサイエティマガジン [夏号], no. 13, pp. 22-32, 2010.
  24. 猿渡 俊介, 森川 博之, “社会創造に資するセンシングプラットフォーム,” 情報処理学会誌, vol. 51, no. 9, pp. 7-14, 2010.
  25. 荒木 靖宏, 森川 博之, “XQuery可能なXDMSの設計と実装,” 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 東北大学, 仙台市, September 11-12, 2008.
  26. 力武 紘一郎, 荒木 靖宏, 川原 圭博, 南 正輝, 森川 博之, “NGN/IMS を用いたユビキタスヘルスモニタリングシステム,” 電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会, 明治大学, 川崎市, September 16-19, 2008.
  27. 荒木 靖宏, 森川 博之 “XQuery 可能なXDMSの設計と実装,” 電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会, 明治大学, 川崎市, September 16-19, 2008.
  28. 力武 紘一郎, 荒木 靖宏, 川原 圭博, 南 正輝, 森川 博之, “NGN/IMSを用いたユビキタスヘルスモニタリングシステムの設計と実装,” 電子情報通信学会研究報告, 情報ネットワーク研究会, 沖縄残波岬ロイヤルホテル, 沖縄県中頭郡 March 3-4, 2009.
  29. 力武 紘一郎, 荒木 靖宏, 川原 圭博, 南 正輝, 森川 博之, “NGN/IMSを用いたユビキタスヘルスモニタリングシステムにおけるイベント/データ管理手法,” 電子情報通信学会 2009年総合大会, 愛媛大学, 松山市, March 17-20, 2009.
  30. J. Takagi, K. Rikitake, Y. Araki, Y. Kawahara, M. Minami, H. Morikawa, “NGN/IMS-based Ubiquitous Health Monitoring System -Data Format Design-,” Sixth International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2009), Pittsburgh, USA, June 17-19, 2009.
  31. 高木 潤一郎, 川島 英之, 猿渡 俊介, 森川 博之, “センサデータベースのための高効率データ管理手法の実装と評価,” 電子情報通信学会技術研究報告情報ネットワーク研究会, 沖縄コンベンションセンター, 宜野湾市, March 3-4, 2011.
  32. 高木 潤一郎, 川島 英之, 猿渡 俊介, 森川 博之, “センサデータベースにおける問合せ処理とデータサイズの効率化に関する検討,” 電子情報通信学会総合大会, 東京都市大学, 世田谷区, March14-17, 2011.
  33. 森戸 貴, 鈴木 誠, 李 斗煥, 森川 博之, “生体情報の蓄積・分析に向けた時系列データベースシステム,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会, 富山大学, 富山市, September 11-14, 2012.
  34. 森戸 貴, ロペズ ギヨーム, 鈴木 誠, 李 斗煥, 森川 博之, “ヘルスケアサービスのための時系列データベースシステムと生体情報ビューアの実装,” 人間情報学会第12回講演会, 東京大学山上会館, 文京区, September 11, 2012.
  35. 井出 裕人, ロペズ ギヨーム, 酒造 正樹, ドロネー ジャンジャック, 山田 一郎, 浅野 倫子, 横澤 一彦, “生理指標の多変量解析に基づく個人に依らないストレス推定手法の研究,” 情報処理学会創立50周年記念全国大会(第72回全国大会), 東京大学 本郷キャンパス, 文京区, March 9-11, 2010.
  36. H. Ide, G. Lopez, M. Shuzo, S. Mitsuyoshi, J.-J. Delaunay, I. Yamada, “Workplace Stress Estimation Method Based on Multivariate Analysis of Physiological Indices,” Proceedings of the International Conference on Health Informatics (HEALTHINF 2012), pp. 53-60, Algarve, Portugal, February 1-4, 2012.
  37. G. Lopez, M. Shuzo, I. Yamada, J. L. De Coi, P. Maret, J. Subercaze “A Community-based Framework for Healthcare Data Sharing,” 人間情報学会第6回講演会, 東京大学山上会館, 文京区, March 9, 2011.
  38. J. L. De Coi, G. Delaunay, A. Martins Albino, F. Muhlenbach, P. Maret, G. Lopez, I. Yamada, “The Comprehensive Health Information System: a Platform for Privacy-Aware and Social Health Monitoring,” Proceedings of e-Health 2012, Lisbon, Portugal, July 17-19, 2012.
  39. G. Lopez, M. Shuzo, H. Ushida, K. Hidaka, S. Yanagimoto, Y. Imai, A. Kosaka, J.-J. Delaunay, I. Yamada, “Continuous Blood Pressure Monitoring in Daily Life,” Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, vol. 4, no. 1, pp. 179-186, 2010.
  40. M. Labat, G. Lopez, M. Shuzo, I. Yamada, Y. Imai, S. Yanagimoto, “Wearable Blood Pressure Monitoring System: A Case Study of Multiplatform Applications for Medical Use,” Proceedings of International Conference on Health Informatics 2011, pp. 156-163, Rome, Italy, January 26-29, 2011.
  41. M. Nakamura, J. Nakamura, G. Lopez, M. Shuzo, I. Yamada, “Collaborative Processing of Wearable and Ambient Sensor System for Blood Pressure Monitoring,” Sensors, vol. 11, no. 7, pp. 6760-6770, 2011. (DOI:10.3390/s110706760)
  42. G. Lopez, S. Matsuura, I. Yamada, “Study on Continuous Blood Pressure Estimation by Pulse Transit Time,” Proceedings of 2012 ASME-ISPS/JSME-IIP Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE 2012), pp. 1-3, Santa Clara, California, USA, June 18-20, 2012.
  43. T. Inajima, Y. Imai, H. Morita, R. Nagai, K. Iijima, S. Yanagimoto, N. Yahagi, G. Lopez, M. Shuzo, I. Yamada, “The Relation between the Blood Pressure Estimated by Pulse Wave Velocity and the Directly Measured Arterial Pressure in Humans,” Journal of Robotics and Mechatronics, vol. 24, no. 5, pp. 811-819, 2012.
  44. “運動中でも血圧正確に 耳たぶにセンサ装着 東大,” 日経産業新聞 6面, May 4, 2009.
  45. “Blood Pressure Testing without Squeeze,” The Japan Journal, vol. 6, no. 11, pp. 28-29, 2010.
  46. M. Shuzo, S. Komori, T. Takashima, G. Lopez, S. Tatsuta, S. Yanagimoto, S. Warisawa, J.-J. Delaunay, I. Yamada, “Wearable Eating Habit Sensing System Using Internal Body Sound,” Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, vol. 4, no. 1, pp. 158-166, 2010.
  47. T. Faudot, G. Lopez, I. Yamada, “Information System For Mapping Wearable Sensors Into Healthcare Services: Application to Dietary Habits Monitoring,” Proceedings of 2nd Workshop on Web Intelligence and Virtual Enterprise, in the 11th IFIP Working Conference on Virtual Enterprises, Saint-Etienne, France, October 11-13, 2010.
  48. H. Zhang, G. Lopez, M. Shuzo, J.J. Delaunay, I. Yamada, “Analysis of Eating Habits Using Sound Information from a Bone-Conduction Sensor,” Proceedings of e-Health 2011, Rome, Italy, July 20-22, 2011.
  49. H. Zhang, G. Lopez, R. Tao, M. Shuzo, J.-J. Delaunay, I. Yamada, “Food Texture Estimation from Chewing Sound Analysis,” Proceedings of the International Conference on Health Informatics (HEALTHINF 2012), pp. 213-218, Algarve, Portugal, February 1-4, 2012.
  50. 今井 靖, 柳元 伸太郎, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, ドロネー ジャン=ジャック, 山田 一郎, 矢作 直樹, “脈波伝播速度法を応用した持続収縮期血圧モニタリング法の開発,” 第32回日本高血圧学会総会, 大津プリンスホテル, 大津市, October 1-3, 2009.
  51. 柳元 伸太郎, 今井 靖, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 矢作 直樹, 山田 一郎, “ウェアラブルな血圧モニタリングシステムの開発と応用,” 第10回東京大学生命科学シンポジウム, 東京大学本郷キャンパス, 文京区, May 1, 2010.
  52. 柳元 伸太郎, 今井 靖, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 矢作 直樹, 山田 一郎, “ウェアラブルな血圧モニタリングシステムの医療現場での応用,” ITヘルスケア学会 第4回年次学術大会, 東京医科歯科大学, 文京区, May 23, 2010.
  53. 柳元 伸太郎, 今井 靖, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, ラバ マキシム, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 矢作 直樹, 山田 一郎, “ウェアラブル血圧計の臨床応用,” 生体医工学シンポジウム2010, 北海道大学大学院情報科学研究科 情報科学研究科棟, 札幌市, September 10-11, 2010.
  54. 今井 靖, 森田 啓行, 安東 治郎, 藤田 英雄, 柳元 伸太郎, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 矢作 直樹, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 山田 一郎, “脈波伝播速度法を応用した持続収縮期血圧モニタリング法の有用性,” 第58回日本心臓病学会学術集会, 東京国際フォーラム, 千代田区, September 17-19, 2010.
  55. 今井 靖, 柳元 伸太郎, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 稲島 司, 亀山 裕美, 飯島 勝矢, 矢作 直樹, 山田 一郎, “脈波伝播速度法を応用した非侵襲的収縮期血圧モニタリング,” 第50回日本生体医工学会大会, 東京電機大学 神田キャンパス, 千代田区, April 29-May 1, 2011.
  56. 飯島 勝矢, 亀山 祐美, G. Lopez, 酒造 正樹, 山田 一郎, 柳元 伸太郎, 今井 靖, 矢作 直樹, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “高齢者の「超」短期血圧変動に対するカフを用いないウェアラブル血圧センサーによる有用性:高齢者血圧管理のピットフォール,” 第11回日本抗加齢医学会総会, 国立京都国際会館, 京都市, May 27-29, 2011.
  57. 飯島 勝矢, “『老化・老年病の分子機構 細胞から疾患まで』~加齢による動脈硬化の分子機序~,” 第53回日本老年医学会学術集会, 京王プラザホテル, 新宿区, June 15-17, 2011.
  58. 飯島 勝矢, 亀山 祐美, G. Lopez, 酒造 正樹, 山田 一郎, 柳元 伸太郎, 今井 靖, 矢作 直樹, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “高齢者高血圧に対するカフを用いないウェアラブル血圧センシングの有用性:いかに高齢者の「超」短期血圧変動を捕まえるか,” 第34回日本高血圧学会, 栃木県総合文化センター/宇都宮東武ホテルグランデ, 宇都宮市, October 20-22, 2011.
  59. “第34回日本高血圧学会総会の速報 高齢者高血圧におけるカフを用いないウェアラブル血圧センシングの有用性:いかに高齢者の「超」短期血圧変動を捉まえるか,” メディカルトリビューン(http://site2.mtpro.jp/jpnsh/34/contents/co16-91/), October 25, 2011.
  60. K. Iijima, “Clinical Features and Molecular Mechanisms of Vascular Aging: Impact of Vascular Calcification,” The 19th Annual Meeting of the Japanese Vascular Biology and Medicine Organization, Japanese Society of Anti-Aging Medicine Joint Symposium: Aging as a Cause of Vascular Injury, Tokyo, Japan, December 9-10, 2011.
  61. 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “血圧変動を意識した高齢者高血圧マネージメント:血管老化・血管壁硬化から見る基礎的・臨床的アプローチ,” 第34回日本高血圧学会, 栃木県総合文化センター/宇都宮東武ホテルグランデ, 宇都宮市, October 20-22, 2011.
  62. 飯島 勝矢, 亀山 祐美, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 柳元 伸太郎, 今井 靖, 矢作 直樹, ロペズ ギヨーム, 酒造 正樹, 山田 一郎, “高齢者におけるウェアラブル血圧センサーの臨床応用:~認知機能およびストレス感受性からみた血圧短期変動評価への有用性の検討~,” 人工知能学会論文誌, vol. 27, no. 2, pp. 40-45, 2012.
  63. K. Iijima, Y. Kameyama, G. Lopez, M. Shuzo, S. Yanagimoto, Y. Imai, N. Yahagi, I. Yamada, M. Akishita, Y. Ouchi, “Advantageous Clinical Approach of Continuous ‘Cuff-less Wearable Blood Pressure Sensing’ in the Elderly: A Close Association between Short-term BP Variability and Geriatric Syndrome,” 第76回日本循環器学会学術集会, 福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡・福岡国際センター, 福岡市, March 16-18, 2012.
  64. 飯島 勝矢, G. Lopez, 酒造 正樹, 山田 一郎, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “カフ・レスのウェアラブル血圧センサーによる『超短期変動』を意識した高齢者高血圧マネージメント:~その有用性と今後いかに従来の高血圧治療に反映させるのか~,” 第1回臨床高血圧フォーラム, 千里ライフサイエンスセンター, 豊中市, May 12-13, 2012.
  65. 今井 靖, 稲島 司, 森田 啓行, 西村 敬史, 矢作 直樹, 永井 良三, 酒造 正樹, ロペズ ギョーム, 山田 一郎, 柳元 伸太郎, 飯島 勝矢, “心電図・脈波情報による持続的収縮期血圧推定デバイスの臨床的有用性に関する検討,” 第32回ホルター・ノンインベーシブ心電学研究会, 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター, 新潟市, June 9, 2012.
  66. 稲島 司, 今井 靖, 酒造 正樹, G. Lopez, 栁元 伸太郎, 飯島 勝矢, 森田 啓行, 永井 良三, 矢作 直樹, 山田 一郎, “脈波伝播速度法による持続的収縮期血圧推定デバイスの臨床的有用性,” 第60回日本心臓病学会学術集会, 石川県立音楽堂, 金沢市, September 14-16, 2012.
  67. K. Iijima, G. Lopez, M. Shuzo, I. Yamada, S. Yanagimoto, Y. Imai, T. Inajima, N. Yahagi, M. Akishita, Y. Ouchi, “Advantageous Approach of ‘Wearable Blood Pressure Sensing’ in Elderly: To Achieve Delicate BP Control with Consideration for Very Short-Term Variability,” 第77回日本循環器学会学術集会, パシフィコ横浜, 横浜市, March 15-17, 2013.

ページの先頭へ