災害時救命救急支援を目指した人間情報センシングシステム

Check

東野 輝夫

研究代表者:
東野 輝夫 (大阪大学 大学院情報科学研究科 教授)
http://www-higashi.ist.osaka-u.ac.jp/

研究概要

本研究では、地震や列車事故など短時間に多数の傷病者が発生する事故現場において、生体情報センサを介して傷病者の情報を迅速に収集すると共に、 無線アドホックネットワークを用いて傷病者の位置や病状変化をリアルタイムで監視・収集し、救命活動を行う関係者にその情報を図的に提示する救命救急医療支援システムを構築します。
これにより、救命救急の効率化と高度化を実現します。

研究図

論文リスト

  1. 藤井彩恵,内山彰,前田久美子,梅津高朗,山口弘純,東野輝夫,少数の基準位置情報を移動無線端末間で補完する位置推定手法の提案と評価,情報処理学会論文誌,Vol. 48, No. 12, pp. 3977-3986, 2007年12月
  2. S. Fujii, A. Uchiyama, T. Umedu, H. Yamaguchi and T. Higashino : "An Off-line Algorithm to Estimate Trajectories of Mobile Nodes Using Ad-hoc Communication", Proc. of 6th IEEE Int. Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2008), pp.117-124, 2008.
  3. A. Uchiyama, S. Fujii, K. Maeda, T. Umedu, H. Yamaguchi and T. Higashino : "Ad-hoc Localization in Urban District", Proc. of 26th Annual IEEE Conf. on Computer Communications (INFOCOM 2007), pp.2306-2310, 2007.
  4. S. Fujii, T. Nomura, T. Umedu, H. Yamaguchi, T. Higashino : "Real-time Trajectory Estimation in Mobile Ad Hoc Networks", Proc. of The 12-th ACM International Conference on Modeling, Analysis and Simulation of Wireless and Mobile Systems(ACM MSWiM 2009), 2009.
  5. K. Nakata, K. Maeda, T. Umedu, A. Hiromori, H. Yamaguchi, T. Higashino: "Modeling and Evaluation of Rescue Operations using Mobile Communication Devices", Proc. of 23rd ACM/IEEE/SCS Workshop on Principles of Advanced and Distributed Simulation (PADS 2009), pp. 64-71, 2009.
  6. 野上 大樹, 内山 彰, 中田 康城, 東野 輝夫 "電子トリアージ訓練のための多人数参加型シミュレータの提案" 第15回日本集団災害医学会総会
  7. Shinichi Minamimoto, Sae Fujii, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, "Map estimation using GPS-equipped mobile wireless nodes," Pervasive and Mobile Computing Volume 6, Issue 6, December 2010, Pages 623-641.
  8. 中濱 浩二、廣森 聡仁、梅津 高朗、山口 弘純、東野 輝夫, "様々な無線通信インフラを用いた協調移動支援システム評価 のための行動シミュレータ," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, H-01, 2010.
  9. K. Ikeda, S. Mori, Y. Ota, T. Umedu, A. Hiromori, H. Yamaguchi and T. Higashino : "D-sense: An Integrated Environment for Algorithm Design and Protocol Implementation in Wireless Sensor Networks", Proc. of 11th IFIP/IEEE Int. Conf, on Management of Multimedia and Mobile Networks and Services (MMNS 2008), pp.20-32, 2008.
  10. 藤井彩恵, 山口弘純, 東野輝夫, 金田茂, 高井峰生, "車車間通信を用いた協調型車両位置推定手法," Vol.2010-ITS-43 No.4, pp.1-8, 2010.
  11. Tomoya Takenaka, Zafer Sahinoglu, Ghulam Bhatti, Jinyun Zhang, Hiroshi Mineno and Tadanori Mizuno, Multi-hop Localization Using Mobility (MLM) in Mixed LOS/NLOS Environments, Proceedings of the IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM2010), December 2010
  12. Anuj Ratna Bajracharya, Akria Uchiyama, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, Implementation of a Data Collection Mechanism in Electronic Triage System Using Wireless Sensor Devices, 平成22年度情報処理学会関西支部支部大会, CD-ROM, 2010年9月
  13. 木山 敦之, 山口 弘純, 東野 輝夫,レーザレンジスキャナと無線通信を用いた歩行者の移動軌跡推定手法の検討.マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2010) シンポジウム論文集,pp. 1221 – 1229, 2010年7月
  14. 樋口 雄大,藤井 彩恵,山口 弘純,東野 輝夫,断続的に移動する無線ノード群の位置推定.マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2010) シンポジウム論文集,pp. 1210 – 1220, 2010年7月
  15. 81. 野上 大樹,内山 彰,中田 康城,東野 輝夫,電子トリアージ評価のための多人数参加型シミュレータの設計,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集,pp.2051-2060,2010年7月
  16. 藤井 彩恵,南本 真一,山口 弘純,東野 輝夫,モバイルノードを用いた建造物の位置および形状推定,情報処理学会研究報告, Vol. 2010-MBL-55, pp. 1-8, 2010年5月
  17. 木山 昇, 内山 彰, 山口 弘純, 東野 輝夫, 位置推定されたノード群の相対位置関係の評価, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会論文集, pp. 509-510, 2010年3月
  18. 水本 旭洋,孫 為華,安本 慶一,伊藤 実,電子トリアージタグに基づいた傷病者搬送計画システムの提案,Vol.2010-CSEC-48 No.39,pp.1-8,2010年3月
  19. 山田 純弥, 竹中 友哉, 峰野 博史, 水野 忠則,電子トリアージシステムにおけるモバイルノード利用型位置推定方式の提案と評価,情報学ワークショップ2009(WiNF2009), 2009年11月

ページの先頭へ